株式と債券と不動産

banner 誤解を恐れずに投資を一言で表すのなら、お金を増やす事と言えるでしょう。投資をする対象というのは色々なものがあります。投資というと株式投資をイメージする人もいると思います。現在では株式市場があまり活性化していないようですが、それでも株式投資は資産運用の中心的なものだと言えるでしょう。株式では株価の値上がりとともに、配当金による利益もあるのです。
株式投資以外のものとしては、古くから債券投資があります。債券は、いろいろな企業が発行しています。株式投資よりもリスクは小さいと言えるでしょう。最近では国債を中心として、公債や優良企業の社債などに人気が集まっているようです。債券では利息を得る事ができますから、一定の利回りで運用できるのです。
投資と言えば不動産投資も有名なものでしょう。金持ちは必ず土地を持っていると言われる事もあるようですが、不動産投資は投資の一部に組み入れられる事の多いものだと言えるでしょう。最近では実物不動産だけではなくて、不動産証券などに投資をする人も増えてきているようです。
投資の対象には非常に多くのものがありますが、基本的には株式と債券と不動産と考えておくのが良いと思います。

注目コンテンツ

投資に関するリスク

記事をみる

投資をするために必要なものとは

記事をみる

投資にかける時間について

記事をみる

Copyright(c) ネット証券で投資を始めよう. All Rights Reserved.